先輩インタビュー 渡辺 智幸

自分の仕事の「楽しさ」を
日々追求する。
渡辺 智幸
2004年入社・組立課
異業種からの転職で感じた大変さ

前職はまったくの異業種の「葬儀屋」でした。
もともとは工業高校を卒業していたので、その経験を生かせる仕事に就きたいと思っていた時に知人から紹介を受け、転職を決めました。
ユーゼックはフルオーダーメイドなので一人ひとりのスキルや知識もかなり重要で、入社したときは大手メーカーと違ってとても大変な仕事だと感じました。

仕事をどう楽しむかも大切なこと

今は機械設備の組立作業を担っています。組立課は一人で作業に集中することが多いので、いかに仕事を楽しむかを大切にしています。
難しい案件はスキルアップのチャンスですし、クオリティを保ちながらいかにスピーディに仕上げるかも大切な要素です。後輩にも仕事を楽しんでらえるように、自分の中でいろいろな種類のモチベーションを作って仕事をしています。
苦労して組み立てた製品が無事に出荷されたときは、やりがいも大きいです。

切磋琢磨しフォローし合う社風が魅力

仕事をしている中で他の課と意見が違うこともよくありますが、仕事の効率やクオリティを高めるための意見交換ができ、切磋琢磨できる職場というのはありがたいと思っています。
また、フォローし合うことが当たり前な社風も魅力だと思います。私も過去には、組み立てた製品を壊してしまったり、会社のシャッターをフォークリフトで壊してしまったり、大小いろいろと失敗をしましたが、みんながフォローしてくれて助けられてきました。
そういう社風は永く残していきたいと思います。

自分がフォローし育てる側になる

今後の目標は、業務マニュアルの整備など、入社した人がすぐ仕事を覚えられる環境づくりです。また、仕事面でも人としても、後輩たちの手本となるような存在になることも目標ですね。
組立課は夏は暑く冬は寒いので、この環境でも頑張れる人が向いていると思います。かつて自分がしてもらったように、私もしっかりフォローしていきますので、未経験でも根性さえあれば大丈夫です。ぜひユーゼックで一緒に仕事を楽しみましょう!

ENTRY

「ホームページを見た」と
お伝えいただけるとスムーズです!